2008年07月15日

宝の山

鶏舎の床を良質の堆肥にするために、
ニワトリたちを発酵した床の上で育てます

そのためには微生物の力を利用する必要があるので
近くの山に落ち葉を集めに行ったり、
森林組合から材木を加工した後に廃棄する木の皮などを
もらいにいったりしています
(ニワトリにとっては無菌状態よりも自然に近い
 様々な微生物の中で育つほうが
 健康で強靭な体をつくる事ができます)

市の広報紙でダムに流れ着く流木を
市民に無料で分けてもらえるということを知り
早速頂きに行って来ました

0715-1.jpg

貯木場には流木とそれをチップにしたものが山積みにされていて、
私たちにとっては宝の山!


流木チップを持ち帰り、鶏舎に撒きます

0715.jpg

流木の量と存在感にはリチャード・ロングもびっくりって感じでした


posted by エリコ at 23:43| 養鶏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。