2008年05月28日

発酵飼料

0528.jpg

ニワトリやヒヨコたちの餌は地域から出るくず米や魚のアラ、
保育園や老人ホームなどから出る残飯などを
米ぬかと山の腐葉土で発酵させた発酵飼料を与えています

そのほか季節の雑草や近所の人たちから頂いている
無農薬のくず野菜なんかも食べさせています
最近は歩いてるとくず野菜あるよとか
残飯でたよと声を掛けてくれる人も増えてきました
うれしいかぎりです

近くの保育園には毎日夕方残飯をもらいにいったり、魚屋さんにアラを
もらいに行ったりと、かなりの労力ではありますが、丈夫なニワトリを育てておいしいたまごを産んでもらう為には欠かせない仕事です

しかも地域のゴミの減量や環境の浄化に少し貢献できてるかなぁと
すこし大変ではありますが、この養鶏のやり方を続けて行こうと
思っています

こうやって育てたたまごをはやくカフェオーチョで
提供できる日を楽しみにしています

開店に乞うご期待!


posted by エリコ at 20:49| 養鶏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。